たくちゃんの本棚

『悩める30代ビジネスパーソンが起業するまで』で私が紹介したオススメの本や、『元気と勇気をくれる名言たち』でご紹介いただいた本を公開しています。ご興味をもたれた方はこちらでご購入いただくことも可能です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ボロ物件でも高利回り激安アパート経営 

この本は激しくオススメです!
あまりたくさんの人に知られたくないので、本当はオススメしたくないくらいオススメです 笑

著者の加藤ひろゆきさん。
尊敬する人物をまたひとり見つけてしまいました。

外資系サラリーマン→渡米、俳優生活→無一文同然で帰国→出版社でサラリーマン→不動産投資→現在
というユニークな経歴をもつ筆者がユニークな文体で綴る痛快サクセスストーリーです。
と、同時に夢と現実を行き来した著者だから実現できる、地に足の着いた堅実かつ確実な不動産投資の実践ノウハウを教えてくれる本です。

私はこの本、たくさん赤線を引きました。
線を引いてページを折りました。
それはもう毎ページ折らなきゃいけないほどでした。

生き様、考え方、発想、ドロくささ、クールさ、ひたむきさ、ユニークさ、そして行動力。
全てにおいて魅力的な人物と出会えた悦びでいっぱいです。

ひとことで言えば、『激安&高利回りのボロアパートを買い、手元にお金が残るキャッシュフローとシステムを手に入れる』ということ。その具体的手法と理論が余すところなく披露されています。

いわゆる株やFXをはじめとした紙の資産と、不動産についての比較の下りにも非常に説得力があり、私はかなり納得することができました。

参考までに私がシビれた言葉をいくつか挙げておきます。

「世間では、レバレッジ、レバレッジというが、所詮は借金だ」
「ほとんど借金がなく、毎月100万円くらいの収入があれば十分ではないか」
「自分の人生を自分でコントロールしたかった」
「朝から晩まで働くよりも、自分の資産のためだけに働き、空いた時間は自分の好きなことをしよう。」
「毎月10万円以上の住宅ローンを支払うよりも、中古住宅に住んだり、ボロ物件を貸家にしたりして、いつも財布に10万円以上入っているほうが、人生が楽しいのではないだろうか?」

最後に一番耳が痛かった言葉を挙げておきます。

「投資するお金がないという人に限って、新築の自宅に住み、200万円くらいの中途半端な車を乗り継いでいる。そんなことでは、いつもで経っても、勤め人は卒業できない。こらえ性がナイ。財務劣等生だ。早ければ2年以内に卒業できる。」


-----------------------
FC2 Blog Rankingの和書ランキングに参加しています。
応援クリックをおねがいします!

スポンサーサイト
[ 2007/08/19 16:40 ] 起業 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。