たくちゃんの本棚

『悩める30代ビジネスパーソンが起業するまで』で私が紹介したオススメの本や、『元気と勇気をくれる名言たち』でご紹介いただいた本を公開しています。ご興味をもたれた方はこちらでご購入いただくことも可能です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法 

勉強で一番大事なのは、勉強の内容そのものではなく、勉強を続かせるたもの仕組み作りと意識作りだとの考えのもと、勉強をする、続けるためのコツを教えてくれる本です。

勉強をする、続けるという目的を達成するために、

・自分への動機付けを行うことの重要性。
(仕事での活用、資産運用等年収アップに結びつける)

・活用できる道具
(ノートパソコン、速読術、MP3プレーヤー、マインドマップ)

・効果的に勉強するためのコツ
(基礎を徹底的に、先達から学ぶ、基本思想の理解、アウトプット)

・具体的な勉強方法
(目で、耳で、目と耳で、学校で)

・実際に勉強するべき分野
(英語、会計、IT、経済)

について著者の経験を交え実践的な知識を丁寧に説明してくれます。
あとがきで著者である勝間さんも述べてられいますが、「楽して○○できる」というような魔法の杖的なものではなく、地に足の着いたしっかりとしたノウハウが紹介されている良著であると思います。

※本誌で紹介されている自分への動機付けと勉強法については、下記にエッセンスを
メモとして抽出しました。
本の後半では勉強する分野毎のポイントについても細かく紹介されていますが、ここでは触れていませんのであしからず。

<メモ/勉強法として役に立つエッセンス>
・勉強すれば幸せになるお金が手に入る。
・月収の5~10%は勉強のために投資をする。
・根性論、努力論を信じるな。
・自分が怠惰であることを自覚、それでも勉強が続くシステムを投資により組み立てる。
・モチベーション維持のための短期の成果指標も設ける。
・IT機器を中心に道具を駆使する。
・人間は能力自体の差はなく道具とやり方で差がつく。
・最低でも6~7時間は睡眠をとる。
・学習のプロセスは、
基礎を徹底的に学ぶ、大枠を理解する

詳細を学ぶ

アウトプットで確認
(仕事の成果、ブログ作成、テスト受験、マインドマップ利用)


<著者紹介>
経済評論家(兼公認会計士)。早稲田大学ファイナンスMBA、慶應義塾大学商学部卒業。当時最年少19歳で会計士補の資格を取得、21歳で長女を出産、在学中から監査法人に勤務。
ワーキングマザーとしての働きにくさから外資系企業に転職。
以降、アーサー・アンダーセン、マッキンゼー、JPモルガンを経て経済評論家として独立。海外メディアへの露出も多く、2005年ウォールストリート・ジャーナルから「世界で最も注目すべき女性50人」に選出される。
2006年、エイボン女性大賞を史上最年少で受賞。
3女の母。
著書に「インディーで行こう!」(ディスカバー)
「猪口さん、なぜ少子化が問題なのですか?」ディスカバー、共著)
「マッキンゼー組織の進化」(ダイアモンド社、共著)などがある。

<関連サイト>
・勝間さん主催のワーキングマザーとその予備軍のためのコミュニティ
http://www.mugi.com/
・勝間さんのブログ「CD、テープを聴いて勉強しよう!!」
http://kazuyomugi.cocolog-nifty.com/audio_book/
・勝間さんのブログ「日々の生活から起きていることを観察しよう!!」
http://kazuyomugi.cocolog-nifty.com/point_of_view/
スポンサーサイト
[ 2007/07/28 18:57 ] 勉強法 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。