たくちゃんの本棚

『悩める30代ビジネスパーソンが起業するまで』で私が紹介したオススメの本や、『元気と勇気をくれる名言たち』でご紹介いただいた本を公開しています。ご興味をもたれた方はこちらでご購入いただくことも可能です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

変な人の書いた成功法則 










ご存知累計納税額日本一、銀座まるかん創業者の斎藤一人さんが最初に書いた哲学書です。

ちなみに左がハードカバーで右が文庫版です。

とにかく簡単でやさしい言葉の向こう側に、真理を秘めた不思議かつ楽しくて為になる一冊です。

まず、まえがきで

「私のことを変な人だという人が大勢います。
他人が言うだけでなく、そういわれる本人も変わった人間だと思っているのですから、本当に変なのでしょう。」

と始まり、

「この本の中には「神様」という言葉がたくさんで出て来ます。でも私は宗教家でもなければ、何かの宗教に入っているわけでもありません。これからも入るつもりはありません。」
「ただ、私は、人間の本質を見失って苦労している世間の人に、その見失ったものを思い出していただきたくて、神様という存在を用いただけのこと。
それでは、私の言う人間の本質とは何でしょうか。
それは、人間は限界を打ち破ることに喜びを感じながら生きていく動物である、ということです。」

と締めくくり本書はスタートします。

「世の中には【絶対なる存在】がいて【絶対なる法則】をつくっている、その絶対なる存在のことを【宇宙の摂理】と呼ぼうが【宇宙エネルギー】と呼ぼうが【神様の意思】と呼ぼうが、それは個人の志向の問題なので自由。」

「目の前の困ったことというのは、前段階の魂の波動が起こしたもの。」

というように、人によってはちょっとスピリチュアルでとっつきにくい部分もあると思いますが、そこは本人も変な人と最初に認めていることだし多めにみましょう。

ひとりさんの言う【絶対なる存在】なるものを【潜在意識】ととらえるとスッと入り理解しやすくなるかもしれません。

「成功するには方法論より考え方のほうが大事です。そして、その考え方の基礎として、あなたに最初に知らせたいものが「困ったことは起こらない」なのです。」

などをはじめ、前編にわたって共通して説かれているのは、物事をお肯定的に考えることが成功に繋がるというシンプル且つ効果的なな成功法則です。

「問題なのは、実力がない人ほど頑固でプライドが高いこと。・・・・・もっと素直になって、人の言うことに耳を傾けるようになったら、あなたは絶対よくなっていきます。」

のように普通に耳の痛いことも書かれており、分かっているけどつい忘れがちになる大切なことを再確認するのにも役立ちます。

生き方や人間関係などで悩みを抱えている方をはじめ、全ての人に一度は読んでもらいたいオススメの本です。

スポンサーサイト
[ 2007/07/22 16:16 ] 自己啓発 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。